勤務体系を確認しよう

日勤のドライバーは育児や家事との両立も可能

ドライバーの仕事選びをする際は、必ず勤務体系を確認して、一日の労働時間や一か月の休日の日数などをきちんと把握することが重要となります。たとえば、小型や中型のトラックに乗車して事業所の周辺の地域を巡回するドライバーの仕事の求人は、日中の時間に働けるものが多く、育児や家事との両立を目指しやすいといった魅力があります。また、ワークライフバランスの考え方が社内に浸透している運送会社においては、繁忙期でも土日祝日に休日が取れるようにしているところもあります。そこで、収入額ばかりでなく、働きやすさの点も重視してドライバーの求人を探したい人は、普段から定時に仕事を終えることができる職場を優先的に選ぶことがおすすめです。

夜間の業務がある大型の長距離ドライバーはしっかりと稼ぎやすい

月に数回の夜間の業務がある大型の長距離ドライバーの求人は、基本給や夜勤手当などが高くなっているところが目立ちます。こうしたドライバーの仕事を選ぶ場合は、年齢や体力によって疲れが溜まったり、生活のサイクルが乱れたりすることがありますが、将来にわたりしっかりと稼ぎやすいという特徴があります。大型の長距離ドライバーの人数が足りていない運送会社においては、経験豊富な正社員や契約社員のスタッフが数日間連続で業務をこなしたり、週に1度しか休みが取れなかったりすることもあります。そのため、仕事上の負担を少しでも軽くしたい人は、長距離ドライバーの職場環境の改善に積極的な運送会社の求人を優先的に確認すること重要です。

© Copyright Choose Driver's Job. All Rights Reserved.