仕事の内容について確認しよう

パワーゲート車での配送

トラックドライバーの仕事内容は、ピンキリです。まず、パワーゲート車を使うトラックドライバーの仕事は主にスーパーや百貨店などへ商品の納入です。商品の納入だけですので自社製品の販売活動は全くありませんので、ただ商品を運ぶだけの仕事ですので仕事手順さえ覚えてしまえば、実に楽な仕事です。商品の納入も、カゴ車に積載されている商品をカゴ車ごとトラックから降ろすだけですので、ほかのトラックドライバーと比較しますと余計な体力は消耗せず腰への負担がかかりません。アパレル関連であればハンガー車と呼ばれているものに服が掲げられていますが、それをハンガー車ごとトラックから降ろします。このパワーゲート車のドライバーは幅広い年齢層が仕事をしています。

一般的なトラックドライバー

一般的なトラックドライバーであれば、本当に体を使う仕事です。特に個人宅への荷物を届ける宅配便のドライバーであれば、荷物をトラックへ積むのも荷物を降ろすのもすべて人力で行います。そのため、活躍している年齢層は若年層が多いのが特徴です。建材を建設現場へ運ぶトラックドライバーも、手積みの場合もあればフォークリフトを使ってトラックに積む場合もあります。この場合、フォークリフトの免許がなければいけません。フォークリフトの免許があれば負担は少なくなりますが、ない場合は全て手積みになり、資格があるかないかで同じトラックドライバーであっても体への負担がかかるかどうかも変わってきます。体への負担を少なくしたいのであれば、何かしらの資格を取るしかありません。

© Copyright Choose Driver's Job. All Rights Reserved.